FC2ブログ

L-550 3日目

片チャンネル分、パワートランジスタは2ペアとも不良が確認できたため
再使用ができず、同型番のものを使ってみようとも思ったが・・・・・
取付孔は同じでもサイズがオリジナルの富士通製とは全然違う。

きょうのローテーション機、「いただきもの」のオプトニカ機の天板に貼ったメモには
富士通製の品番が書いてある。
L55027.jpg
これ幸いとばかりに取り出してみたら、品番は一番違いで耐圧の高いものが
使われていた。
中国製よりこっちを使うことにしよう。
L55028.jpg
ドライバトランジスタもちょっと不安な要素があったので新品に交換する。
手持ち品の中から両チャンネルとも東芝製の2SA1837/2SC4793を採用した。
L55029.jpg
2SA1015/2SC1815もたくさん手持ちがあるので、この際新品を使う。
富士通製のSA939/2SC1904も手に入れたばかりの2SB648/2SD648に交換。
L55030.jpg
フォトカプラらしいNJL5160Dはテスターの数値がヘンだ。
両チャンネル分とも同じようなので再使用することにした。
このごろどうもこのテスターはヘンな数値が出るようになってきたな。
L55031.jpg
パワートランジスタを取付けて基板と接続する。
比較的大電流が流れる部分なのに「ちょん付け」が気になるな。
できるだけたっぷりとハンダを流しておこう。
L55032.jpg
「てんぷらハンダ」も忘れない内にやり直しておかないと・・・・・
L55033.jpg
四苦八苦しながら放熱器を筐体内に戻してネジ止めを完了。
ハンダ付け忘れや接続モレをしつこいくらいチェックしたあと、
アイドリング電流監視用にテスターをつないでから電源を入れてみた。
無事プロテクトが解除されたので、まずアイドリング電流を調整。
とりあえず標準の半分の80mVで様子を見ることにしよう。
L55034.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

あんぷりん

主に70~80年代のアンプいじりやってます。
アドバイスなどありましたら、よろしく。

最新情報

月別アーカイブ