FC2ブログ

L-504 1日目

コロナ禍と雨続きで、ずっと「ステイホーム」
きょうは東京からオールド・ラックスマン機がやってきた。
キズ防止のため木製ケースは階下の段ボールの中へ・・・
電源コードがないので、動作未確認らしい。

天板に開口部がないためか、ホコリはほとんどはなかった。
電源トランスにはうっすらと見えるが、簡単に拭き取れる。
サビなどもなく、状態は非常にいい。
5042.jpg
今やお宝扱いの「2SA606/2SC959」は、もちろんオリジナルのままらしい。
ざっと見渡してもこれまでいじられたような痕跡はない。
5043.jpg
フォノイコライザ回路部分の2SC1345の足は真っ黒。
ノイズ源になる前に交換しておいた方が良いかな。
5044.jpg
どこから来たのか、基板にハンダ屑が貼りついている。
製造時そのままとか?
5045.jpg
ブロックコンデンサの共通アース部分に珍しいアースラグが使われていた。
これもオリジナルなのかな?
5046.jpg
メインスピーカー用の端子が破損している。
この部品は経年劣化が進むらしい。
5047.jpg
所有するラックスマン機の電源コードを使って現状確認をやってみる。
スライダックの電圧が80Vほどでリレーの作動音。
AUX入力につないだCDプレーヤーの音をヘッドホンで聴くことができた。
5048.jpg
動作はしているのに、電源ランプが点灯しない。
パネルから少し陥没しているように見える。
5049.jpg
パネルの内側から見ると、セロテ-プで押さえてあるだけ。
セロテープはパリパリに劣化し、陥没やむなしかな。
50410.jpg
電源ランプのソケットには6.5Vほどの電圧が掛かっていたので、
電球切れと判断。
ソケットはステーに接着されていたが、何とか引き抜いて電球を交換する。
手持ち品の8V球が使えそうだ。
50411.jpg
段ボールにはスピーカー端子とACインレットが同梱されていた。
リアパネルを外す必要があるし、うまく交換できるかな。
50412.jpg
新しいインレットはオリジナル品とだいぶ奥行きが違う。
電源トランスに干渉しなければいいが・・・・・
50413.jpg
新しいインレットは取付部分がザクられているため、オリジナルの
ビスは使えない。
3φの皿ビスあったかな?
50414.jpg

コメント

akics

早速、作業台に挙げて頂き、ありがとうございます!

外観の傷が少なかったので、丁寧に扱われていた印象でしたが、
内部もいじられた形跡は少なかったのですね。

それにしても、資料によれば1973年発売とのことで、
47年も経っているのに、そのまま、CDの再生できたのは驚きです!

新しいインレットが取り付けられると、電源ケーブルでも音の変化が
楽しめますので、何とか、上手く付いて欲しいところです・・・

でも、とても楽しみです。

あんぷりん

Re: タイトルなし
インレットの交換は取付ネジの間隔も同じで全く問題なかったです。
スピーカー端子の交換はちょっと苦戦しそうですが・・・・・
それより、今回の端子ではバナナプラグ使用が安全かもしれませんね。
非公開コメント

プロフィール

あんぷりん

主に70~80年代のアンプいじりやってます。
アドバイスなどありましたら、よろしく。

最新情報

月別アーカイブ