fc2ブログ

AU-D607X Decade4日目

きょうは「オクサマ」の1回目の手術日。
ちょっと心配だったが、午前9時過ぎに出発して無事に帰宅した。
DECADE機のノイズ源を探して、トーンコントロール回路のデュアルFET
2SK389BLを交換する。
けっこう面倒な位置にあってハンダ吸取りがやりにくい。
交換後のハンダ付けはもっと面倒そうだな。
60725.jpg
切れていたセレクターランプ用の電球を交換する。
セレクタースイッチにつながっているプッシュロッドの取外しに
けっこう手間取った。
プラスチック製のロッドが経年劣化でかなり脆くなっているため
ちょっとした力の入れ具合で割れてしまいそうだ。
電球の載った基板を取出し、切れていた3個を撤去する。
CDのポジションのところだけが黒くなっていたのはそこだけ
使用頻度が高かったのかもしれない
60726.jpg
取出した電球から黄色いキャップを取外す。
再使用する必要があるのだが、電球の熱の影響で
1個は脆くなってしまっていた。
60727.jpg
607Xからも同じように電球の基板を取出し、電球を抜き出した。
こちらの方が古い機種だが、電球は5個とも切れてはいなかった。
この中から比較的使用頻度が少なかったと思われるポジションのものを
DECADE機に移植する。
60728.jpg
緑色のキャプは5個ともまだまだ弾力があってDECADE機に使われていた
黄色のものより状態は良かった。
60729.jpg
607Xに比べて稼働時間が長かったようなので、保護回路の
リレーもこの際メンテしておこう。
60730.jpg
電球を交換するのも中々面倒で、あまりメンテナンス性はよくないな。

コメント

非公開コメント

プロフィール

あんぷりん

主に70~80年代の「アンプいじり」ほか
やってます。
アドバイスなどありましたら、よろしく。

最新情報

月別アーカイブ